0120-914-800

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

スタッフブログ

基礎鉄筋

  • 工事について
  • 2017年03月05日

皆さんこんばんわ、松本です。

今日は先日着工した、O様邸の現場に行ってきました。

地盤改良工事が終わり、基礎工事に入ったところのO様邸。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キレイな現場にキレイな配筋ですね~

実は私、松本はクレバリーホームで働く前は基礎鉄筋を作る会社に勤めておりました。

なので基礎に関しましては少しうるさかったりします。

基礎は家を支える大事な部分。

せっかく立派なお家を建てても基礎がしっかりしていないと意味がありません。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは一般的なベタ基礎の構造の断面のイラストです。

建築基準法で定められている基礎の立ち上がり高さは400mmとなってます。

クレバリーホームの立ち上がり高さは430mmとなっており通常より3cmも高く、湿気やシロアリが上がってきにくいようになっております。

同じく建築基準法で定められている基礎の立ち上がり巾は120mm。

クレバリーホームの立ち上がり巾は150mmとなっており、こちらも3cmも厚くなっており、より強固で湿気が内部の鉄筋に伝わりにくくなっております。

こだわってますね~~

 

O様邸はなんとさらに200mm、20cmも高い630mmの高基礎仕様になっております。

 

 

 

 

 

↑こちらが一般的な基礎鉄筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑こちらがO様邸の基礎鉄筋

高いですねぇ!

迫力が違います。

 

基礎鉄筋にこだわる私はさらに詳しくチェックチェック!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは「人通口 ジンツウコウ」といいまして、メンテナンス時に人が通れるようにしている穴です。

開口部なので補強が必要になります。

斜めに入っている鉄筋が人通口の補強筋です。

しっかり入ってますね。

 

昔は職人さんが1から手でくみ上げていた基礎鉄筋も最近はある程度、工場で加工されて来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し分かりにくですが、このように工場で溶接され、曲げ加工され搬入されます。

溶接が弱かったら現場で外れたり、強すぎても折れたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうどいい具合に火が入ってます。

手前味噌で申し訳ありませんが、さすがクレバリーホーム!

いい仕事してます!!

今月末には棟上げです。

O様、楽しみにお待ち下さい。

 

★こちらも覗いてみて下さいね★
   ↓ ↓ ↓
→  クレバリーホーム岡山南店 : Facebookページ
→  社長ブログ : 今日のむしゃお
→ クレバリーホーム岡山南店 : ホームページ
→ クレバリーホーム岡山南店業者会 : Club Vita

 

 

 

資料請求/お問い合わせ

株式会社ヴィータ・デザイン

〒701-0153
岡山県岡山市北区庭瀬487-2

閉じる

MENU