0120-914-800

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

スタッフブログ

「ニッチ」について

  • 仕様や打ち合わせについて
  • 2017年07月04日

最近よく耳にする「ニッチ」という言葉。

「ニッチな市場で」とか「ニッチなニーズに向けて」という言葉を聞くと、なんとなくマイナーな市場やニーズのことを指しているように感じます。

ビジネスの世界でニッチは「隙間」と訳され、市場は大きくないけど専門的でマニアックな層に向けた商品やサービスのこと指し、しばしば「隙間産業」とも言われたりします。

 

そもそもこの「ニッチ」という言葉は、西洋建築における壁や柱の凹みを意味し、像を安置したり彫刻を飾るためのスペースとして活用されてきました。建築の世界では壁龕(へきがん)とも言われます。

15世紀の画家フィリッポ・リッピの「聖母子像」に描かれるバックの壁面には、壁の一部に凹みをつけた壁龕(ニッチ)がありますね。

 


「聖母子像」(フィリッポ・リッピ/1440年代)に登場する壁龕。

 

古代の建築において狭い場所を上手く活用する様子を、現代では隙間の有効利用というイメージで捉え、ビジネスの分野でもニッチという言葉が応用されているわけですね。

 

さて、弊社が施工させていただいた建物の中には、可愛らしいニッチがよく登場します。


タイル柄が可愛らしいニッチ。


玄関にもニッチを配置し、高級感を演出。


スタディコーナーにも。

思い出の写真やお気に入りの雑貨を飾るのに最適ですね。

そして、生活に便利なこんなニッチも。


バスマットを掛けられる、とても便利なニッチ。

雑誌や新聞を入れておける、マガジンラック。

西洋建築で生まれた、狭い場所を有効活用するための先人の知恵が、一つの形として現在まで残っているのでしょう。

ニッチはそこにあるだけで何かを飾りたくなり、そしてきっと心を豊かにしてくれます。

ニッチご希望の方、ぜひご相談くださいね(^ ^)

住まいの事例集でもニッチの写真が掲載されています。

↓ぜひ参考になさってください。

住まいの事例集はこちらから

 

★こちらも覗いてみて下さいね★
 
   ↓ ↓ ↓
 
 →  社長ブログ : 今日のむしゃお
 
→  クレバリーホーム岡山南店 : Facebookページ
 
→ クレバリーホーム岡山南店 : ホームページ
 
→ クレバリーホーム岡山南店 : インスタグラム
 
→ クレバリーホーム岡山南店業者会 : Club Vita
資料請求/お問い合わせ

株式会社ヴィータ・デザイン

〒701-0153
岡山県岡山市北区庭瀬487-2

閉じる

MENU