0120-914-800

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

スタッフブログ

古民家に泊まる。

  • スタッフブログ
  • 2018年07月17日

先日、遠くに住む学生時代の友人三人と久しぶりに集まり、旅行をすることになりました。

友人それぞれの居住地域は中部地方と九州。

どこに集まるか話し合っていたところ、ある友人が

「ちょうど中間やし、岡山でよかよ!」の一声で、結局倉敷に集まることになりました。

となると、必然的に旅行ブランと宿泊のコーディネイトは岡山在住の私の役目となります。

二人とも倉敷へ訪れたことはなく、まずは美観地区をじっくり巡るべく、近くの旅館を探したところ、どちらも結構なお値段が・・(: ;)

そこで今回のお宿はこちらになりました。

倉敷の町家再生を手がけるNPO法人が運営する、古民家の宿泊施設「御坂の家」

こちらは宿泊可能な賃貸用の町家として、地域の方々の手によって再生された民家です。

本町通りの一角にある階段を上がり、

小高い山の中腹に、ひっそりと玄関があります。

中へ入ると、小さなちゃぶ台のある6帖の畳の間と

縁側

そしてコンパクトな水廻りで構成されています。

気の置けない仲間と飲みながら語るには充分な広さ。

古民家の落ち着いた佇まいは、

下宿に集まって飲み明かしていた頃を思い出させてくれます。

久々に集まった仲間と、それぞれの近況や昔話に花が咲き、明け方まで話は尽きませんでした。

 

 

そして、次の日は今回の最大の目的である大原美術館へ。

錚々たる名画と、日本を代表する作家の作品を三時間ほどかけてじっくりと鑑賞。

美術の教科書に載っている本物の作品が、こんな身近で鑑賞できるありがたさと、大原家のもたらした偉大な功績を感じながら、帰路へとつきました。

 

古民家を地域の資源として活用するという発想。

倉敷という場所に根付いた町家を活用し、普段の暮らしと同じように旅行者が街を堪能できる試みは、とても面白いと思いました。

今後もこんな場所が増えると、もっと気軽に肩肘はらずに旅行が楽しめると感じました。

機会があればまたこの御坂の家を訪れてみようと思います。

 

★こちらも覗いてみて下さいね★

 
   ↓ ↓ ↓
 
 →  社長ブログ : 今日のむしゃお
 
→  クレバリーホーム岡山南店 : Facebookページ
  
→  クレバリーホーム岡山南店 : インスタグラム
 
→     タイルや構造についてはこちら : 工法・技術
 
→  ワークショップの情報についてはこちら : イベント情報

 

資料請求/お問い合わせ

株式会社ヴィータ・デザイン

〒701-0153
岡山県岡山市北区庭瀬487-2

閉じる

MENU